ネタ配信

気になるネタを配信!

ペットで犬や猫を飼っている人に向けて!オススメのペット保険をご紹介!

   

自分の飼っているペットの体調が
悪くなると、会話もできない不安から
すぐに動物病院を受診します。

 

その動物病院によって料金が違いますが、
初診料は平均1500円、5種混合
ワクチンは平均7500円、避妊手術は
平均2万5000円もかかります。

 

高額な場合は、入院だけで10万円を
超える動物病院も存在します。

 

ペットの治療費はもはや
人間並みもしくは、人間以上に
なっています。

 

そこで、犬や猫を飼っている人に
向けてオススメのペット保険
ご紹介します。

スポンサーリンク

リーズナブル!FPCペット保険

を対象としたFPCペット保険は、
他なら生後9歳未満でないと加入
できないのに対し、生後30日以上から
加入して、継続すれば終身保険として
使えます。

 

補償の対象は病気や怪我での通院や入院、
手術でかかった診察費の50%に
なります。

 

通院保険の支払限度額は1日あたり1万
2500円で年間30日まで、
入院保険の支払限度額は1日の入院で
12万5000円で1年で3回の
入院まで、手術の保険の支払限度額は
1回の手術で10万円で1年に1回まで
となっています。

 

例えば、ペットが5日間入院して1回
手術をすると最大補償金は22万
5000円になります。

 

他の保険よりもリーズナブルな価格
設定が人気です。

-shared-img-thumb-N825_lalaponcyan_TP_V

出典:https://www.pakutaso.com/

最大80%補償!ペッツベスト

のみが対象で、種類や年齢に
よって保険料が異なります。

 

獣医師によって作られた保険なので、
入院・通院・手術の回数や日にちの
制限が全くありません。

 

動物病院の現場にいる獣医師として、
の病気は回数に限りなく起り
得るという考えから作られています。

 

例えば、ペットが事故に
遭った場合ファーストプランは
年間上限100万円で、1回の事故の
上限が50万円です。

 

治療費だけでなく、ペットを預ける
費用にも使えます。

24時間365日サポート!au損保「ペット保険」

-shared-img-thumb-GAK_nekocafenonekocyan20130921_TP_V

のみ対象で加入は、生後30日~
10歳までですが、継続すれば年齢制限は
ありません。

 

コースは2つあり、保険金の支払い割合
70%で年間70万円まで補償と保険金の
支払い割合50%で年間50万円まで
補償となります。

 

保険料は月額990円からとリーズナブル
で、保険契約者限定で24時間365日
獣医師になんと無料でペットの体調への
アドバイスが受けられる「かかりつけ
獣医師ダイヤル」が利用でき、いちいち
動物病院へ駈け込まなくても、様子を
見る程度の場合は電話で無料で解決
することができ、とても強い味方と
なってくれます。

 

ここで、ご紹介したペット保険は全国
どの動物病院でも使えるのでぜひ
検討してみてください。

まとめ

昔は、ペット保険と言ってもその病院
オリジナルのもので、その病院での
治療費しか補償がありませんでした。

 

今は、全国どの動物病院でも使える
保険が登場し犬や猫を飼っている人は、
いつ病気や事故に見舞われるか
わからないので入っておくと
安心だと思います。

 

対象がまだ犬と猫だけのものなので、
今小動物を飼う人も多いのでどの
動物にも使える保険がもっと
増えることを望みます。

こちらも合わせて読みたい⇒猫好き必見!都内の猫カフェのオススメ店舗をランキング形式で紹介します!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - お役立ち