ネタ配信

気になるネタを配信!

40代で妊娠!高齢出産のマタニティーブログまとめ!高齢出産で注意すべきこととは?

   

今、晩婚化が進んでおり、それに伴って
40代での妊娠も珍しくない時代に
なりました。

 

そんな40代妊娠し、高齢出産した
人のマタニティーブログ高齢出産
注意すべきことをまとめてみました。

40代初産を目指す妊活ブログ

45歳の方が書いているブログです。

 

不妊治療を3年半行い、自身も卵管閉塞を
旦那様は精子無力症のため、顕微授精で
子どもを授かるまでが綴ってあります。

 

しかし、2度の流産という命が1度
宿りながら消えてしまう悲しさを
乗り越えました。

 

そして、待望の妊娠をし、マタニティー
生活を送っています。

 

印象に残ったのは、不妊に悩んでいる人に
とっては、何気なく発した他人の言葉が
時に凶器となることです。

 

例えば「○○ちゃん、キレイになった!
子どもを産んでない人とは違うなぁ」
この言葉を発した人は○○ちゃんが
キレイと言いたかったとは理解できますが、
「産んでない人」という言葉が胸に
突き刺さりました。

 

女性にとって辛い妊活をご夫婦で協力し
頑張っている姿に拍手を贈りたいです。

baby-1146070_640

出典:https://pixabay.com/

スポンサーリンク

トツキトウカ~高齢出産奮闘記~

41歳で結婚した方が書いている
ブログです。

 

41歳での妊娠を心配するも自然
妊娠をし、2014年2月に男の子を
出産しました。

 

母子手帳をもらいに行った際に、
区役所で「分娩する病院を予約して
おかないと、分娩難民になっちゃい
ますよ」という衝撃的な言葉で知る
病院不足を痛感します。

 

大いに共感できるのは「高齢だけど、
頑張ったって表彰してほしい」という
40代での妊娠がいかに大変かが
伝わってきました。

桜咲け!47歳の不妊治療(から出産・育児)

46歳で結婚した方が書いている
ブログです。

 

結婚してすぐに排卵誘発剤を行い、人工
授精や体外受精、採卵6回、移植6回で
妊娠し出産しました。

 

不妊治療のために、鍼灸院に通いなんと
マカオにまで行き、子宝祈願をする
子どもを待ち望む心境に胸を打たれました。

 

47歳の自分を認めて前進するも、人工
授精が失敗に終わり、結果を知るまで
ドキドキしていた気持ちが一気に撃沈と
綴ってあると、とても他人事には思えず
涙がこぼれそうになります。

 

女性は妊娠して当たり前のように感じている
人もいるかと思いますが、年齢を重ねた
女性がお腹に命を宿すまでに、どんな思いを
しているかこのブログからよくわかります。

 

全女性への諦めない気持ちの強さを
運んでくれるブログです。

-shared-img-thumb-YOU86_ninpusan_TP_V

出典:https://www.pakutaso.com/

高齢出産で注意すべきことは?

高齢出産は35歳以上を指し、流産率が
20%以上へと増加し、糖尿病にも
かかりやすくなります。

 

バランスのとれた食事をするように
心がけることがベストです。

 

それによって妊娠高血圧症候群を
回避することができます。

 

あまり体を大事にしすぎないように、
軽い運動は行いますが、内容は医師と必ず
相談しながら安全の元で行いましょう。

まとめ

私も周りにもたくさんの不妊治療を
している人がいます。

 

その命が宿っても消えてしまう悲しさは、
人間としてとても耐え難いものがあります。

 

その一方で、体外受精で出産している人も
多く、妊活している多くの女性に
赤ちゃんが授かることを祈っています。

こちらも合わせて読みたい⇒子供が出来たからって家を買ってはいけない!?結婚後の人生設計の仕方を教えます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 健康