ネタ配信

気になるネタを配信!

年齢別による妊娠率グラフ紹介!妊娠適齢期はいつ?出産の確率を上げる方法!

   

今、妊活という言葉があるように妊娠
願う女性がとても増えています。

 

しかし、それだけ自然妊娠が難しくなって
いることも現していると言えます。

 

年齢別の妊娠率グラフを見ながら、妊娠
適齢期や出産の確率を上げる方法をお教えします。

年齢別の妊娠率グラフ!

年齢別の妊娠率グラフを見ると、25歳で
25%~35%、30歳でも25%~
35%、35歳で18%、40歳で5%、
45歳はなんとたったの1%になります。

 

グラフを見ると、30歳ぐらいから
徐々に低下し、その速度は37歳で
一気に加速します。

 

そして45歳では、ほぼ妊娠する可能性の
ない1%になってしまいます。

 

この結果は、主に卵子の低下によるもので、
卵巣内の卵母細胞数が37歳~42歳に
かけて急激に減少し、卵子数は10分の
1になってしまうからです。

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

スポンサーリンク

妊娠適齢期はいつ?

妊娠適齢期の定義は、生殖機能の面から見て
妊娠するのに適した時期のことを指します。

 

多くの女性が生理さえあれば、妊娠すると
間違った認識をしており、正しくは卵巣や
子宮、卵管が健康で、卵子の質が良いと
妊娠することができます。

 

妊娠適齢期は、その人の人生プランや
精神面から考えてその人に適した
時期があります。

 

それは、人によってそれぞれ違いますが、
一般的には20代後半~30代前半が
ベストだとされています。

 

中には、18歳~26歳とした説は、
日本産婦人科学会が否定をしています。

 

また、自分自身が幼いと子どもを育てる
だけの心の余裕もなく、知識も乏しい
ので、それが虐待へとつながることも
多い傾向にあるので、やはりベストな
時期の妊娠が望まれます。

出産の確率を上げる方法!

まずは、排卵日を正確に把握することが
大切です。

 

排卵日は基礎体温を毎日つけることでも
わかりますが、今は生理日を登録する
だけで排卵時期をメールで知らせて
くれるサービスもあるのでどんどん
活用しましょう。

 

排卵日の前後5日間性交をすることで
出産の確率は上がります。

 

出産するためには、妊娠しなければ
ならないので、女性はストレスを軽くし、
規則正しい生活を送ることが大切です。

 

十分に睡眠をとって、適度な運動で
基礎代謝を上げて、ストレス発散をし、
体を冷やさないようにするだけで
出産の確率を上げることができます。

 

当たり前のような生活に感じるかも
しれませんが、その生活のリズムで
出産に関係してくるそれだけナイーブな
問題でもあります。

 

子どもが欲しいゆえに、カリカリして
いると逆に体に悪いです。

 

妊娠や出産はとてもデリケートなもの
なので、心穏やかに過ごしましょう。

-shared-img-thumb-150705260810_TP_V

出典:https://www.pakutaso.com/

まとめ

25歳での自然妊娠確率が約30%で
多い方だと知り、こんなに低いのかと
驚きました。

 

25歳のママと聞くと若いと感じますが、
それでも30%の確率で授かったと
考えると妊娠はたやすくできるもので
ないと改めて実感しました。

こちらも合わせて読みたい⇒40代で妊娠!高齢出産のマタニティーブログまとめ!高齢出産で注意すべきこととは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 恋愛、結婚