ネタ配信

気になるネタを配信!

雪道を走る前に知りたい!車のチェーンをつけるタイミングって?

   

ノーマルタイヤをはいている車で、寒い
地方に出かける時にはチェーンなどの
滑り止めがないと走行できなくなる
こともあります。

 

ベタ雪で気温がある程度高く、車の
通りが多い道路は、ほとんど雨の時と
変わりない路面状況ですから問題
ないのですが、気温が氷点下になって
いたりや車の通りが少ない道路では、
積雪ばかりでなくアイスバーンに
なっていることもありますので、
ノーマルタイヤでは非常に危険ですし、
走行不能になることも十分考えられます。

スポンサーリンク

私の意見ではあぶなそうな車を見かける
ことがよくありますものね。

 

このまま走っていって大丈夫なのかと
思う車がいると不安でしょうが
ありません。( ゚Д゚)

snow-chains-246258_640

出典:https://pixabay.com/

さて、どのタイミングで滑り止め
つけるのかは、状況によってケース
バイケースです。

 

少し前でしたら、長距離の大型トラックは
ノーマルタイヤが多かったので、その
ドライバーがトラックを道の端に寄せて
滑り止めをつけはじめましたら、その
真似をしてこちらもつければ
良かったのです。

 

しかし、この頃ではスタッドレスタイヤを
はいているトラックが多いですから、
あまり参考にならないかもしれません。

 

また、トラックは幹線道路を走ることが
多いですから、通行量の少ない道では、
自分自身の判断に頼るしかありません。

自分で判断する時のひとつの基準は、
運転していて車が滑っているか
どうかです。

 

実際、雪道やアイスバーンでは、
滑り止めをつけていようがスタッドレス
タイヤをはいていようが車は滑りますが、
タイヤが道路をかんでいる感覚がノーマル
タイヤとは別ですから、一度この感覚を
会得しておくと役に立ちます。

 

私の考えでは車が滑るようになってきたら
危ないということです。

ひろい道路を見つけてチェーン
まくようにすべきです。

はやめはやめの処置が命を
守ります。!(^^)!

-shared-img-thumb-PAK26_setugentaiya20140208_TP_V

出典:https://www.pakutaso.com/

それから、滑り止めを装着する時には、
ある程度広い場所でないと危険です。

 

特に狭い地方道ですと装着したくても
できないこともありますので、先を予測して
早めに装着するようにしたいものです。

 

そして、トンネルの多い山道では、
トンネルの入り口ではなんともなかったと
しても出口を出た途端にアウトだったり
することも珍しくありませんので、
トラブルを避ける上でも滑り止め
つけるなら早い方が良いでしょう。

東京などの都会でも年に数回滑り止め
必要になることもありますが、タクシーや
バスが滑り止めをつけていたりスタッド
レスタイヤをはいていましたら、
こちらも滑り止めをつければ
良いでしょう。

 

私の意見ではタクシーがチェーンやスノー
タイヤになったらこちらも雪対策を
するべきだと思います。

 

タクシーはプロですからそのへんの
見極めはよく知っています。(*’▽’)

こちらも合わせて読みたい⇒自転車通学用のレインコートのオススメメーカーは?おしゃれメンズの着こなし方3選!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - お役立ち